1. Top
  2. » 投資信託

ファンドを利用したお金の増やし方

お金を増やす方法はたくさんありますが、このサイトでは「ファンド」を利用したお金の増やし方を紹介します。

ファンドとは、一般的には投資信託などの形態で、投資家から資金を集め、資金の運用を行う投資顧問会社や金融商品を指します。

資金をファンドで運用して、時間と複利を味方につけることがお金を増やす方法としては効果的です。

複利とは、利息を元本に組み入れ、その合計に対して利息を計算する方法のことですが、
例えば、300万円を年利回り5%で30年間複利運用できれば1,300万円くらいになります。
300万円を年利回り10%で30年間の複利運用だと5,200万円を超えます。
さらに、年利回り13%で30年間の複利運用だと なんと1億円を超えます。
これが、時間と複利を味方につけるということです。

では、長期間複利運用するにはどうすればいいかというと、ファンドを利用するのが効率的かつ効果的に時間と複利を味方につけることができるのではないでしょうか。
では、どんなファンドがあるのでしょうか?

ファンドといっても数限りなくありますので、選び方が重要になります。

手堅くお金を増やす方法を選びたいという方には、債券ファンドがオススメです。

リスクは高くても年利回り10%以上を目指したいという方であれば、海外ファンド(ヘッジファンド)やマネージド・フューチャーズ・ファンドなどが候補になります。
マネージド・フューチャーズ・ファンドは、2008年のリーマンショックの年に、世界中の株式や金融資産が大暴落する中、プラス20%~30%のリターンをたたき出しているファンドです。

債券ファンドについては、ETF(Exchange Traded Fund)といわれる上場投資信託を利用するのがいいと思います。
ETFには、国内の証券取引所に上場されているETFと、海外の証券取引所に上場されている海外ETFがあります。
債券ファンドの中でも、債券ETFであれば、債券の銘柄を広く分散させることが可能で、債券ETFを保有していると毎月利子が自分の口座に振り込まれます。
こういったお金を生み出す資産の保有を増やし続けることが、お金を増やす方法の1つです。

ETFには、株式ETFもあります。
ETF1本に投資するだけで、世界中の企業の株式に投資できる株式ETFもあります。





スポンサードリンク
コンテンツ
カテゴリ
RSSリンクの表示
タグ

投資信託 ETF 債券 株式 投資 海外ファンド 複利 マネージドフューチャーズ ヘッジファンド 金融資産 

リンク

このブログをリンクに追加する